読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白建築紹介ブログ

へんてこりんな形をした面白建築を紹介します。

まるで宇宙船?「中銀カプセルタワービル」の紹介

f:id:tohori1216:20160905224014j:plain

中銀カプセルタワービル」は、建築家黒川紀章の初期の代表作です。何よりも目を引くのがその外見です。まるで一つ一つのカプセルの集合体のようです。これはなんと、それぞれの部屋が独立しており、部屋ごと交換できる仕組みになっているんです。ただ、技術的には可能であるだけで、実際には交換の作業は困難で、現在に至るまで一度も交換されたことはありません。

非常に魅了的な建物ではありますが、老朽化が進んでおり、建て替えの話が後をたちません。さらにアスベストの問題も取りざたされています。実際に住んでいる住人の中では、取り壊し派と保存派に分かれ、現在もまだ話し合いが続いています。今後の展開では取り壊しの可能性もあるので、もし現物を見たければ今のうちに見に行くことをおすすめします。

portal.nifty.com

梅田スカイビル

f:id:tohori1216:20160830204608j:plain

梅田スカイビルは、大阪府の梅田にある1993年に竣工した超高層ビルです。地上40階・地下2階、高さ約173メートルの高さがあります。何よりも目をひくのはそのデザインです。ビル中央が大きく切り抜かれた独創的なデザインから大阪のランドマークとなっています。ビル最上部にある空中庭園は目玉の一つで、そこからは360度の視界から大阪を見渡すことができます。

www.skybldg.co.jp

 

東京都庁舎

f:id:tohori1216:20160823220349j:plain

記念すべき最初に紹介する建物は、東京都庁舎です。ご存じ、東京の都政を司る建物です。第一本庁舎、第二本庁舎、都議会議事堂の3棟で構成されています。今回は第一本庁舎に絞って紹介したいと思います。

第一本庁舎は、高さ243 mで、竣工時の1990年当時、日本一高い建物でした。設計者は建築家として有名な丹下健三で、デザインの特徴としては、コンピューターチップをイメージしたものになっています。第一本庁舎45階には、無料の展望台があり、高さ202mから東京の景色を楽しむことができます。


東京都庁舎へのアクセス

・「JR新宿駅」(西口から徒歩約10分)
都営地下鉄大江戸線都庁前駅
新宿駅西口(地下バスのりば)から都営バス又は京王バス(都庁循環) 「都庁第一本庁舎」、「都庁第二本庁舎」、「都議会議事堂」下車
・JR新宿駅西口新宿駅西口』バス停から『西新宿・都庁本庁舎方面』行きの新宿WEバス乗車、『都庁本庁舎』下車

都庁見学のご案内‐トップページ

よろしくです。

はじめまして。今日からブログをスタートします。ここでは世の中にあるへんてこりんな形をした面白建築を紹介します。ぜひ気軽な気持ちで見ていってくださいね。